出会い系サイトはみんなやっているし効果も抜群でやらないと損だと思った話

出会い系サイトはみんなやっているし効果も抜群でやらないと損だと思った話

元々僕は「ちゃらい」とは正反対の生真面目な男性。

なので「出会い系サイト」と聞くだけでちょっとビビっていたし、自分には縁がない・・・と思ったいました。

ところがある日、僕の会社の同期が「今週末出会い系サイトで出会ったことデートするんだ」と言ってきました。

それを聞いた瞬間は、「よく出会い系サイトだなんて恥ずかしがらずに言えるな」と思いました。

でも、彼の話を聞いているうちに、だんだんとうらやましくなり、その日の晩、こっそりと出会い系サイトに登録してみたのでした。

出会い系サイトでこんなにも嬉しいことがあった

さて、こんな経緯で出会い系サイトに登録した僕。

始めはやはり、戸惑いや恥ずかしさなどがあって、こっそりとやっていました。

もちろんこのことは家族や友達にも一切内緒でした。

そんななか、僕は出会い系サイトにみるみるはまり込み、1日2,3時間もサイトを見るようになっていました。

そして、何度も女性サイト内で連絡を取り、初めての女性と会うことになりました。

その時もまだ不安でいっぱいで、「出会い系の女性は怖い人やおかしい人が多いのでは・・・」という気持ちがあり、当日の当日まで約束の場所に行くかどうか迷っているほどでした。(情けない)

そして、会う約束の時間、僕は勇気を振り絞って、約束の場所に行きました。

すると、女性はすでに待っていて、僕の初めての出会い系サイトからのデートが始まりました。

僕は終始緊張しっぱなしで、何を話したか覚えていません。

でも1つだけ覚えていることは、相手の女性も少し緊張していたこと。

そして、僕が思っていた、怪しい女性ではなく、身の回りにいそうなごく普通で優しそうな女性だったのです。

そのことに何よりも安心したことを覚えています。

そして、何とかその日のデートは緊張しながらも少し楽しんで終わることができました。

そして、その後、2,3,4,5回と色々な女性とデートをするにつれて、僕もだんだんと慣れてきました。

そして、新しい女性と出会えることが緊張から喜びに変わりました。心から自然と楽しんで女性と会話することができるようになっていました。

そして、5人目にデートした人に僕は告白をしてなんと付き合うことができました。

2,3回目のデートの時のことです。

そして、4回目のデートでは自宅でデートをし、お泊りというのも体験しました。

もちろん期待していたこともできました。

この時思ったのは、出会い系サイトに登録している女性は、男性を求めているから色々とスピードが速いなということでした。

僕にとってはとてもありがたいことで、一気にこれまで経験したことのないことをたくさん経験することができました。

そのころには、僕も、以前同僚が僕にそうしてくれたように、他の友達などに出会い系サイトをおススメするようになっていました。

こうして、出会い系サイトに対して心がオープンになっていくにつれて、僕の周りの人が出会い系サイトについて話す機会も増えていったように感じます。

きっと、みんな出会い系サイトをやっていて、でも恥ずかしいから人には言えないという人も多いんだと思います。

でも自分が慣れてきて、自分から出会い系サイトについて話すようになるにつれて、周りの人の感じ方も変わり、周りの人も自然と出会い系サイトについて口にできるようになったのだと思います。

この体験を通して感じたことは、「出会い系サイト」は怪しいものではないということでs。

寧ろ、やらないと損する、それくらい便利なサイトだと思いました。

実際、やっている人がこんなにいるのだからやらない手はない、といったイメージですね。

出会い系サイト「ハッピーメール」でエッチした相手は、スケベな看護婦だった

出会い系サイト「ハッピーメール」でエッチした相手は、スケベな看護婦だった

ハッピメールは、楽しい

つい先日、出会い系サイトの「ハッピーメール」を利用した僕。
このサイトは、人気があり利用者が多いのが特徴です。
友人の中には、半年の利用で20人以上とエッチした人もいます。
僕は、利用して2ヶ月程度ですが、3人の女性と会いエッチをしています。

基本、可愛い女性がタイプなので、今回はプロフ検索から相手を見つける事にしました。
年齢、顔、住んでいる地域などを見て行くと、いろんな女性がいるようです。
10分ぐらい検索していると、1人の女性が気になります。

相手の女性は、同じ県内に住み看護婦をしている22歳の「タカコ」という人物です。
顔は、芸能人で言うと「女優の桐谷美鈴さん」と似ている感じです。

スムーズにデートの約束が出来る

僕は、タカコさんに興味を持ちメールを送る事にしてみました。

「初めまして、OO県に住んでいるケンジと言います。タカコさんのプロフィールを見て、興味を持ったのでメールを送りました。看護婦をしているみたいで、僕ナース服大好きです。返事待っています。」

と、軽い挨拶文を書いて送りました。
すると、タカコさんから返信メールが届きます。

「ケンジさん、初めまして。同じ県に住むタカコです。看護婦のナース服が好きみたいだけど、男性はみんな好きだね。ケンジさんは、何の仕事してるの?」

と、僕に興味を示してくれているタカコさんです。

「メールありがとう。僕は、普通の会社員です。彼女もいなく毎日平凡かな?タカコさん、1度会ってみたいな。デートとかどう?」
「うん。私もケンジさんと会いたい気持ちがあるよ。」
「じゃあ、日曜日会える?」
「会えるよ。」

「うれしい。じゃあ日曜日の昼1時に映画デートしようよ」
「うん。いいよ。見たい」
「待ち合わせ場所は、神戸三宮駅で」
「分かった。」

僕とタカコさんは、日曜日にデートをする事になります。
ラインも交換しているため、待ち合わせの時間前にやり取りをする僕。

「タカコさん、今何してる?」
「今、三宮駅へ向かってるよ」
「僕は、もう到着してる」
「早いね。もうじき行くから」

ドキドキ、ワクワクしながら待っていると、タカコさんは登場しました。
ハッピーメールの写真より顔が細く感じましたが、桐谷美鈴さんと少し似ています。
ジーパンに黒のジャケット服は、オシャレな感じです。
軽い挨拶を交わすと、2人は歩いて映画館へ行きました。

ホテルで本性を現す

映画館に入ると、暗い照明がデートのムードを高めてくれます。
鑑賞しているのは、洋画でアクション物でした。
途中、エッチなラブシーンが登場した時、お互い意識をしたものです。
2時間近くの映画が終わると、2人は繁華街をブラブラしてみました。

その後、カフェへ行き軽食を食べながら話をしたものです。

「この後、どうする?」
「どうしよう」
「ちょっと疲れたしホテルで休憩しない?」
「マジ?でもいいかな」

僕とタカコさんは、夕方から1軒のラブホテルへ行く事になりました。
部屋に入ると、ガマン出来ない僕はタカコさんにキスをします。
積極的に舌を出してきたタカコさんは、エッチが好きそうです。
胸を揉んでみると、感じて声を出してきました。

お互い服を脱ぐと、タカコさんは赤色のパンツです。
小ぶりなオッパイに、吸い付き舐めると
と、タカコさんは喘いでいます。

パンツを下ろすと、黒い毛がイヤらしく僕は顔を埋めてみました。
舌を動かし舐めると、喘ぎ声が大きくなりました。
僕は、勃起している性器をタカコさんの口へ持って行くと

「パクリ」

と、咥えて舐め始めます。
タカコさんの舌は、気持ちが良く先を中心に舐めてくれます。
舐めるのが好きな感じで、10分ぐらい続けてくれました。
気持ち良さがマックスになり、口の中に出した僕。

タカコさんは、ゴクリと飲んでくれてスッキリしたものです。

その後、2回戦として本番エッチを行います。
好きな騎乗位では、タカコさんの本性が現れて腰を前後に振っていました。

結局、ホテルで時間いっぱいエッチを楽しみ看護婦のタカコさんとのデートが終わります。
帰り際、僕は、たかこさんに

「また、会ってデートしようよ」
「いい出会いじゃないので、一日だけのデートで別れよう」

と、タカコさんは言ってきたので、その日限りのエッチで別れました。

リアルで全くモテなかった俺が出会い系サイトでセフレを作れた理由

リアルで全くモテなかった俺が出会い系サイトでセフレを作れた理由

出会いが無い!多忙の日々でそんなに出会いがあるわけではありませんよね。
リアルでモテる事も無かった僕は出会いなんてサラサラ無く途方に暮れていました。
そんな僕が出会い系サイトを始めただけで沢山の女性と出会い、更にはセフレが出来た理由を教えたいと思います。

じゃあどこで出会いがあるのか、それはネットです。
ネット社会やSNSでの利用が増えてきた今では簡単にネットで繋がることができます。
男も女も表ではセックスをしたいだなんて公にはあまり言えませんが、ネットならある意味言いたい放題ですしセフレも探し放題です。
そんなネットユーザーが利用しているのが数多くある出会い系サイトです。

サイトを始めて30分で可愛い女の子と連絡を取れました

僕は早速サイトに登録するために簡単な入力(自己紹介)をし、いざ女の子を探しました!
サイトには掲示板という選り取り見取りの沢山の女性が募集しておりその中からお気に入りの女の子を探してメッセージを送るというシステムがあります。
ポイント制のサイトではありましたがあからさまなぼったくりサイトとは違い良心的な精度でお財布にも優しい値段でした。
掲示板の募集文を読んでみると「セフレを探しています」「童貞君いませんか?」「沢山キスがしたい」など体の関係に飢えている女性ユーザーが沢山投稿しています。中には過激な内容の募集もあり男性ユーザーは選び放題です。
僕はそこからセフレを探していた可愛い女の子を探し当て早速メッセージを送りました。
5分も経たないうちに返信が来ました。
何回かやり取りをしていると相手の女の子から
「今日会いたい、出来ればエッチな事をしたい」と言われ、たまたま休みで予定がなかった僕は半信半疑(内心ウキウキ)で会うと約束をしました。
出会い系サイト事態やったことのない僕は最初疑いしかありませんでしたが今思うと案外ちょろいなぁと思いました。

出会い系サイトで会った女の子とラブホテルに行けました

予定された時間に待ち合わせ場所に行くとそこには写真通りの可愛い女の子が立っていました。最初は軽くカフェでお話をし、
お互いの簡単な自己紹介をしました。
笑顔が素敵で直ぐに打ち解けた二人は迷うことなく簡単にラブホテルへ行けました。

ラブホで楽しんだ後、セフレになってくれました。

ラブホテルにつくと早速二人でお風呂に入り身体を洗いあいました。
その時点で興奮してしまった自分の息子を見て「もぉ早いって」と女の子のつっこまれながらもお風呂を楽しみました。
お風呂からあがりバスローブ一枚になった二人は早速ベットに向かいました。
その後は照明を消してセックスを楽しみました。
お互い会うのは初めてでしたが、相性も良かったのか数回ほど楽しみました。
相手の女の子も結構気に入ってくれたみたいで別れの際にセフレになりませんかと提案をされました。

まさか登録したその日にセフレが作れてしまうなんて夢のような感覚でしたが今でもセフレになった女の子とは定期的な関係になりました。

即会いだけじゃない色んな出会いがあります

自分の場合、その日に会いたいという募集から出会いに繋がりましたが、ほかにもメッセージを重ねて相手の事を良く知ってから出会うやり方や、割り切りでいいからとにかくセックスだけしたいという目的の方も全然気軽に利用ができます。自分がセックスをしたい時、抜いてもらいたい時に手間をかけずスマホ一つで何時でも会えるのが魅了的です。
またセックスだけではなくそこから恋愛に発展する人もいるのでサイトで活動するだけで恋人が
出来てしまうなんていう正に一石二鳥も夢ではないと思います。

まさか、出会い系サイトで10歳も年下の女の子と付き合えるなんて・・

まさか、出会い系サイトで10歳も年下の女の子と付き合えるなんて・・

3年付き合ってきた彼女と別れ、寂しい毎日を送っていた私。特に、あっち(性欲)の方が、どうにもこうにも対処できません。自己処理ったって、限界がありますし、インターネットで仕入れてきた動画や画像はすぐに飽きてしまいます。

やっぱり、生身の女性と裸の付き合いが無いとね。とはいえ、ナンパは自信が無いし、合コンもなんだか面倒。風俗に行くと金がかかるし・・。そこで、前々から気になっていた出会い系サイトを利用してみることにしました。

スムーズな展開に自分でもびっくり

この時、人生で初めて出会い系サイトを利用することになったのですが、思っていた以上にスムーズな展開で、わずか1週間ほどで、3人の女性と連絡先を交換するまでに至りました。

で、そのうちの1人と実際に合う運びとなったのですが・・。これがね、実は自分でもびっくりしているのですが、なんと私よりも10歳も年下の21歳。21歳ですよ、21歳なんて、ちょっと前までJKやってた年齢でしょ。いやあ、アソコが、否、気持ちがうずいて仕方ありません。

初めてのデートは年上男性らしく紳士な対応

さて、デート当日。待ちに待ったこの日ですが、31歳のおっさんが、21歳相手に気持ちを浮つかせてはいけません。クールに、そして紳士に。じゃないと、若い女の子は、すぐに逃げていきますからね。せっかくの獲物をそうやすやすと逃してはなりません。

なので、この日は結果を求めずに、とにかく次につなげることに集中しました。というわけで、映画見て、買い物して、食事して、と、まるで教科書通りの、ありきたりなデート内容に落ち着きました。

本当はこの後、ホテル、もしくは自宅に誘って、ムフフな展開に持ち込みたかったんですけどね。焦ってはいけません。昂る性欲を抑えつつ、「今日は楽しかったよ。次また会えるかな」なんて、大人な対応で終了することとなりました。本当は心の中では、エロい妄想がはびこってたんですけどね。

それをおくびにも出さずに、よくまあ「今日は楽しかったよ・・」なんて言えたものです。今年の主演男優賞は私で決定!ってなもんですよ。

せっかくのチャンスを自分から放棄する

初デートで意外と好印象を残せたのか、その後も頻繁に彼女と連絡を取る仲になりました。そのなかで、第2回のデートにこぎつけたのですが・・。慎重になりすぎた私は、ここでも紳士を演じてしまいました。

いや、ここは行くべきでしょ!行けよ!彼女も絶対、それを待ってたはずだよ。それなりの準備をし、勝負下着もつけてたはずだよ。もしもの時のためにコンドームも用意してたはずだよ。なのに何やってんだよ。31歳のおっさんが、いつまでもそんなチャンス回ってこないぞ!

紳士を辞めて遂にオオカミに!

そんななか、第3回のデートが実現。ここで勝負しなきゃ、男じゃない!というわけで、この日はデートに来る前に、精力サプリを摂取し、自分でも抑えられない状況にもっていきました。

なもんで、デートをしているときから、アソコはギンギン。この時、まだ昼の2時や3時ですよ。何度かトイレに行きましたが、硬直しすぎて、上手く排尿できなかったほどです(笑)。

とまあ、こんな感じで、アソコの方は準備万端。あとは、勇気を振り絞って、誘うだけ。結果、見事、ホテルに誘うことができました。

いやあ、21歳の若い体は本当に魅力的でしたよ。禁欲の成果もあってか、この日は、4回戦まで突入しました。こんなにも燃え上がったのは、久しぶりです。

出会い系サイトを使って、まさかこんなおいしい思いができるとは。というか、21歳の女の子と日常で出会うなんて、私の生活サイクルを考えれば、まずありえませんからね。

出会い系サイトだからこそ、実現した出会いだと言えるでしょう。おかげさまで、今は、連日のように21歳の体を抱くことができています!イエイ!

ウキウキのハロウィーンは出会い系サイトで!最高の思い出に

ウキウキのハロウィーンは出会い系サイトで!最高の思い出に

とにかく、女の子とエッチするなら出会い系サイトで見つけることがお勧めです。私自身も既に何度となく、実際に出会い系サイトをきっかけにして、女の子とにゃんにゃんしたことがあります。この前もハッピーメールでのやり取りがきっかけで知り合った女の子と思いっきり楽しむことができました。

今は友達の段階ですが、もちろんセックスまですることを狙っています。ハッピーメールを気にいっているのは、女の子の方も、しっかりと男性との出会いを求めている点が挙げられます。サクラやヤラセが全くないわけではありませんが、そのような女の子は極めて限られていると思います。

ハロウィーンデートを満喫

今回は私自身、ハロウィーンというイベントもあったため、とにかく女の子とイチャイチャしたいという思いがありました。毎年、テレビの情報番組やネット上でも、ハロウィーンの時期が近づくと、派手なコスチュームに身を包んだ女の子や季節外れの薄着をした女の子が取り上げられ、ワクワクします。

今年は意中のパートナーもいないため、焦っていました。

でも、そんな私を救ってくれたのがハッピーメールです。「ハロウィーンを一緒に楽しみませんか」といってメールを送りまくるようにしたところ、何人かの女性からの返信がありました。気をつけなければならないのは、やはり、普通の出会い目的の女の子に紛れて金銭目当ての女性がいることです。そのため、ある程度のやり取りをすることも必要です。割り切り出会いを求めているなら問題ありませんが、私のように本気の恋愛希望の男性は要注意。今回も私のハロウィーンの真面目な誘いに食いついてくれた女性の中にも、明らかな金銭目当てが2人ほどいました。もちろん、そんな女の子はスルーして、この春、高校を卒業したばかりという女性とハロウィーンデートをすることにしました。

彼女は東急田園都市線沿いに住んでいるということなので、渋谷で落ち合うには好都合でした。平日は仕事があるので、直前の日曜日にデートを決行しました。

まったり我が家でトランプマジック

当日の渋谷は大混雑していました。ここ最近の日本におけるハロウィーンの定着により、若者を中心に大勢の人でごったがえしています。彼女とはスクランブル交差点の近くのドラッグストアの前で待ち合わせて無事に合流することに成功。

彼女の奇抜なメイクとファッションには度胆を抜かされることになりました。まるで私のスケベ心を誘っているかのようなコスチュームにも興奮です。セクシーなアニメキャラクターに完全になりきっています。胸のあたりが大胆に開いたファッションに想像を大きく掻き立てられました。

私がハロウィーンを楽しみにするのも、女性のコスチュームの露出が、だんだん激しくなっているからです。

それをチェックするだけでも楽しみが広がります。

今回のハロウィーンでは、アルコール販売が禁止されるなどの措置がとられており、イマイチ盛り上がりの面では不満も残りました。やはり、出会い系サイトで会った女性との距離を縮めるにもアルコールの力を借りたいものです。いきなりホテルに行くのも無理なので、ハロウィーンで賑わう渋谷には3時間ほど滞在しただけで、その後、私の自宅に彼女を招きました。「美味しいスイーツがある」といって呼び込む作戦です。

そして私たちは、ゆっくりとした時間を過ごすことになります。私は得意なトランプを使ってのマジックを見せると彼女は大喜びの様子です。私自身、数年前まで本気でトランプマジックにハマっていて、練習した甲斐があったのではないでしょうか。彼女を楽しませることができて満足です。