【出会い系】スミレさん似の女性と出会い、池袋で実際にヤッた夜

私は東京都内に住む40代前半の男性です。仕事は編集職をやっています。つまり時間は不規則なので昼でも自由な時間がわりかしとれるほうです。とはいえ、仕事がいつ入ってくるか分からないので、事前の予定は立てにくい。

ということで毎日その日の気分で行動を決めるような自堕落な生活なので、彼女の一人もできやしません。そんな私がもっぱら利用しているのが出会い系サイトです。

サイトにプロフィールを登録するだけで好みの女性と会える……なんて上手い話はあまりなく、コツコツ課金しながら相手のプロフィールを見て、課金しながらメッセージを送るって返事を待つんですが、あんまり返ってくることはないんですよね。でも、まったく返ってこないわけではないのが、出会い系サイトのおもいしろいところ。たまに返事が返ってくることがあるんですよね。

スミレさん似の女性

その日、返事が返ってきた女性は次のスペックでした。都内在住、30代後半、顔は深津絵里に似ているとのこと。知りたい情報はまだまだありますが、踊るのスミレさん好きの私としては、顔だけで前のめり状態です。さっそくこちらも課金して返事を返します。レスポンスは意外と早く、またたく間にスミレさん(相手の女性です)のLINE番号をゲット!以下、LINEでのやり取りに続きます。

LINEでのやり取り

スミレ:こんにちは!
私:こんにちは、今すぐ会いたいお!
スミレ:いきなりですね……東京都内なんですよね。
私:そうです。今日友達に約束すっぽかされて暇なんです。
スミレ:そうなんですか、でも今日は仕事があるので無理です。
私:残念

とまぁ、この日は終わり。まっ話の内容から言って、スミレさんとはここで終わるような会話でした……、と思っていたら、3日後にスミレさんからLINEが届いているじゃありませんか!

突然の出会い

スミレ:いきなりごめんなさい、今、池袋にいますが、近くにいらっしゃいますか?
私:いますいます。30分くらいの場所にいます。でもどうしたんですか?
スミレ:友達に約束をすっぽかされました。
私:そうなんですね。
スミレ:最近同じことを聞いたような……ということであなたのことを思い出しました。
私:嬉しい。
スミレ:思い切ってLINEを送ってみました。
私:会ってくれるってことでOK?
スミレ:はい
私:30分で行きます。

スミレさんとの出会い

30分後、私は池袋に着きました。
私:着いたよ
スミレ:西口の「〇〇(店名)」で飲んでます。
私:はやっ!一人のみ(笑)
スミレ:暇してるんで(笑)
私:ダッシュで行きます。
店に入ってすぐスミレさんを発見!いやいや、正確にいうとスミレさんを2ランクくらい落とした感じですかね。とにもかくにも出会うことに成功しました。
私:はじめまして
スミレ:はじめまして、何飲みますか?
私:レモンサワーが欲しいです。
スミレ:どうぞ。
このような会話から始まり、打ち解けます。いやなんだか結構話があうぞ。さらに1時間くらいが立ちます。スミレさん、けっこう飲んでて眠たくなった様子。てかすでに12じ過ぎているけど、スミレさんって終電あるのか?
私:スミレさん、スミレさん、電車なくなるよ。
スミレ:んー
私:終電だって。
スミレ:んー、もう終電行っちゃった。。。

終電後のホテル

チーン、っていうわけでスミレさんを連れてホテルにGOです。入ったのは池袋のアト○ンタだったかな。まぁ完全に酔っちゃってたので安めのホテルにインします。でもまぁ酔ってるだけに入ってすぐにセックスしちゃうのは無理かな。1時間ほど我慢して看病します。これもセックスのため。1時間ほどで意識が回復してきて、スミレさんも状況を把握してきたようですが、もうホテルに入っちゃたらしょうがない。まぁヤッちゃいますよね。30代後半でそれなりに経験あるようで上手でした。朝になります。

私:スミレさん、帰るよ。
スミレ:もうちょっと寝ていたい
私:いやいや、今日は予定あるから帰るよー
と、強引にチェックアウトして池袋駅に行きます。そして改札でスミレさんを見送って、その日はさようなら。
正直、話が合ったので、これからも会える期待大です。もしかして彼女ゲットかも!?もしかするとセフレかなー
なんて思いながら、次の日にスミレさんにLINEを送ります。
私:スミレさん、昨日は楽しかったです。
私:また、会いたいんだけど、日曜日は空いていますか?
私:都合が悪ければ、次の週でも大丈夫です。
私:スミレさん??
私:スミレさん???
私:おーい?
一夜限りの熱い夜だったようです。

このようなエッチな体験を楽しんでいるのは私だけではありません。出会い系サイトの使い方を知りたい人は、出会い系ブログで色々な女の子とエッチしている松岡さんのブログが役に立ちます、

おすすめ:松岡のエログ